医療法人佐野医院 患者様の気持ちになってスタッフ一同頑張っております。

病院案内

病院・医院名 佐野医院
院長 佐野幸寛
副院長 佐野有哉
 所在地 〒820-0101
福岡県飯塚市綱分845-1
 TEL 0948-82-0036
 FAX 0948-82-3598
 診療科目 ・消化器内科
・内科
・小児科
 所属学会・認定医など ・日本内科学会認定内科医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本消化器学会消化器病専門医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
・日本肝臓学会肝臓専門医
・日本医師会認定産業医
・介護支援専門員

ご挨拶

昭和60年より佐野医院を引き継ぎ、30年がたちました。
風邪や花粉症などの日常の病気から、慢性疾患、生活習慣病の管理等、かかりつけ医としての活動を行っています。
地域医療を通じては、常に各科専門医との繋がりを持った、医療活動の拠点となる、必要とされる医療機関を目指しています。
最初に頭に浮かぶ相談される医師となるよう、距離感のない、親近感のある信頼関係を築いていくつもりです。

当医院の診療方針
消化器、内科一般を専門に地域医療を行っています。
当院で発見された疾患で当科のみで治療を行ってゆく場合と、より高度な診断機器を使用した治療が必要な場合とがあり病診連携を円滑に行っています。
在宅医療にも力を入れており、訪問診察にて在宅での生活を手助けしています。
小児科では一般診療と各種予防接種をしています。
 患者様の色々な相談は、医師・看護師が対応します。
専門とする疾患、診療設備
消化器病専門医、肝臓専門医、内視鏡専門医であり、消化器一般を専門分野とした診療を行っています。
症状や健診異常などに応じて、血液検査やX線検査、超音波(エコー)検査、食道・胃・十二指腸・大腸内視鏡(カメラ)検査まで当院設備で実施が可能です。
ウイルス性肝炎に対する抗ウイルス治療(インターフェロンフリー製剤や核酸アナログ製剤)や大腸ポリープの日帰りでの内視鏡的切除など、クリニックでも行うことができる、専門性を生かした医療を心掛けています。

特色とする治療法など

ウィルス性肝炎は慢性化しやすく、数10年以上の治療が必要となる場合があります。
(1)C型ウィルスによる慢性肝炎に対しては、インターフェロン療法に変わり、2~3ヶ月の内服で完治する経口薬(DDAs)治療を行っています。。
(2)B型に対しても朝1回内服するだけでコントロール可能な核酸アナログ薬治療を行っています。

検査 件数(R2.1.1 ~ R2.12.31)

・腹部エコー652件
・心エコー15件
・その他エコー51件
・CF
(下部内視鏡検査)
59件
・GIF
(上部内視鏡検査)
133件
・ポリペクトミー
[内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(直径2cm未満)]
19件

COPYRIGHT(C)医療法人 佐野医院 All Rights Reserved.