医療法人佐野医院 患者様の気持ちになってスタッフ一同頑張っております。

検査

経鼻内視鏡、デジタルX線画像診断システム、最新式超音波診断装置を導入しました!!

特長

上部、下部内視鏡は全て最新の高画質フルデジタル電子内視鏡で検査を行っており、より精密で鮮明な画像として診断できます。

経鼻内視鏡とは、鼻から診る胃の内視鏡のことです。
経鼻内視鏡導入(直径わずか5.9mmの細いスコープ)により、嘔吐感などの苦痛がほとんどなく、比較的楽に検査できます。検査中に先生と話をすることもできます。検査終了後、短時間で日常生活に復帰でき、食事も比較的早くとれます。

デジタルX線画像診断システム導入により、鮮明な画像が得られるようになりました。撮影後数秒で画面に画像が現れます。過去に撮影した画像とも比較ができ、正確で的確な治療が行えます。

当院で可能な検査:
超音波(エコー)検査・胃カメラ・胃透視・大腸カメラ・大腸透視・
レントゲン検査・心電図・24時間心電図・血液検査・骨密度検査・肺機能検査

・ 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
胃内視鏡検査

目的:食道、胃、十二指腸にできる病気(炎症、潰瘍、ポリープ、癌、静脈瘤など)を見つけ、適切な治療方針を考えるために行います。

方法:内視鏡を鼻または口から挿入し、上部消化管をまんべんなく観察します。経鼻内視鏡導入(直径わずか5.9mmの細いスコープ)により、嘔気などの苦痛がほとんどなく、比較的楽にできる検査です。必要ならば小さな組織を採取して、顕微鏡検査で良性か悪性かを判断します。
場合により、精密画像が得られる経口用ファイバースコープを使用することもあります。
詳しくはhttp://www.hanakara.jp/をクリック

〔使用機器:FUJIFILM・レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「LASEREO」〕

・ 下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)
大腸内視鏡検査

目的:大腸にできる病気(炎症、憩室、潰瘍、ポリープ、癌など)を見つけ、適切な治療方針を考えるために行います。

方法:内視鏡を肛門から挿入し、大腸の内部を調べます。その際、必要ならば小さな組織を採取して、顕微鏡検査で良性か悪性かを判断します。

〔使用機器:FUJIFILM・レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「LASEREO」〕

大腸癌について
食生活の欧米化により、脂肪の取りすぎや食物繊維の摂取量の減少などが原因となって、大腸癌が増加しています。
次のような症状はありませんか?

  • 便潜血検査陽性(便に血液が付着する)
  • 体重が急に減少
  • 便が細くでにくくなった
  • おなかがはったり、しこりがある
  • 時々腹痛がある
  • 便秘下痢を繰り返している
  • 家族に大腸癌になった人がいるなど

当院では、月に1回土曜日に専門医の検査を行っています。

・ 超音波検査(エコー検査)
エコー検査


目的

腹部肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓,脾臓、消化管、泌尿器、婦人科領域などに病変がないかを見ます。
頚動脈首の左右の動脈が、硬くなったり、狭くなったりしていないかを見て動脈硬化の評価をします。
心臓心臓の壁や弁の動きや状態などを見て心臓の機能を評価します。
甲状腺甲状腺のサイズ、血流の状態、結節などないかを見て、甲状腺疾患の診断に役立てます。

方法:超音波を身体にあてて、体の内部を観察します。エックス線のように被爆もなく安全で苦痛なく行えます。

〔使用機器:Prosound α7 日立アロカメディカル株式会社〕

※ 当院では、財団法人 日本超音波医学会認定超音波検査士 の資格を持った臨床検査技師が検査を行っています。

・ 心電図検査
心電図検査


目的:心臓収縮時の電気的変化を波形として記録し、波形の形態より心臓の病気(狭心症、不整脈、その他の心疾患)を推測します。

方法:両手首と両足首、そして胸に6つの電極を取り付け、心臓を12ヶ所の方向から見て波形をとります。時間は数分で終わる簡単な検査です。

・ 24時間心電図検査
24時間心電図検査


目的:動悸、息切れや胸痛発作が病院にいない時に起こることがあるため、そのような患者さまに小さな機械(約5×4×2㎝大)を24時間装着していただいて心電図の波形を持続的に記録し、これを解析して心臓の病気(狭心症や不整脈、その他の心疾患)の診断をする検査です。

方法:胸に4ヶ所電極を貼り付け、波形を記録する小さな心電計に接続し24時間携帯します。携帯中は普段の日常生活のまま過ごして構いませんが入浴は避けてください。また、携帯中に動悸や自覚症状があった場合は、時間と症状を記録してください。解析の際に、その時の心電図と対比させるために必要となります。

・ CAVI、 ABI検査(血管年齢検査)
CAVI、 ABI検査


目的:高血圧,高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、肥満など生活習慣病があると血管壁にコレステロールなどがたまり、内径が狭くなって血流が悪くなります。いわゆる動脈硬化です。この指標として両手足の血管のつまりや硬さを数値化して調べる検査です。

方法:ベッドに横になり、両手首、両足首に心電電極を付け、両腕、両脚にカフを巻き、胸に心音マイクを付けます。そして、それぞれの血圧を測定し腕と脚の血圧差や脈波の測定により血管の硬さやつまりを数値化します。

・ 肺機能検査
肺機能検査


目的:動悸、息切れ、呼吸苦、咳や痰が出る、などの肺の病気が考えられる時に行うもので、肺気腫などの閉塞性肺疾患(COPD)や拘束性肺疾患などの診断に役立つ検査です。

方法:スパイロメーターという測定装置を使って、肺活量や換気量を調べます。筒状のマウスピースを口にくわえ、鼻栓をし空気が周囲から洩れないように口だけで呼吸をします。そして、通常の呼吸から、大きく限界まで息を吸って、吸えなくなったら今度は一気に吐き出します。その後通常の呼吸に戻り検査終了です。

・ エックス線撮影検査
エックス線撮影検査


目的:人体にX線を照射して写真を撮る検査です。人体は骨や筋肉、軟部組織、脂肪、空気などで構成されており、組織によってX線の透過率が異なります。それを利用して骨、肺、腹部、心臓などの影の濃淡を写真として表し身体の内部の状態に異常がないか(骨折、肺炎、腹部ガス、水の溜まり、骨密度など)を調べる検査です。

方法:検査着に着替えていただき、ボタンや金属類のない状態で撮影します。胸部の撮影の場合は大きく息を吸って止め、腹部の場合は、息を吐いて止め、そのまま数秒静止します。

COPYRIGHT(C)医療法人 佐野医院 All Rights Reserved.